みずのようこの自己紹介

ごあいさつ

こんにちは。

セラピスト みずのようこです。アロマセラピーやリフレクソロジーおよびヒーリングセラピーなどによる「体と心」のケア、そして今を「より生きやすく」するためのお手伝いをしています。

サロンでは、直接身体に働きかけることができる、アロマを用いたオイルトリートメント、リフレクソロジーも提供しています。(na・go・mi ~な・ご・み~)

またオンラインでは、今の自分に必要なこととアロマを掛け合わせ、「今自分に必要な精油」を選ばせていただき、精油の力を借りて、毎日を過ごしていただくことを提案しています。

また、「テラセラピスト養成講座」を開講することになりました。詳しくはこちらからご確認ください。

お母さんとして頑張っている方、仕事と家庭を両立されている方、夢に向かって進んでいる方、何か困難を抱えて苦しんでいる方など、主に40代から50代の女性の方にお越しいただいています。 一生懸命頑張っているがゆえに、自分ひとりで抱え込んでしまったり、本当の気持ちを表に出すことをずっと我慢し続けていると、気づかないうちに、体にも心にも、いつの間にか大きな負荷がかかり、生きづらくなっていることがあります。  

そういう私もそうでした。


みずのようこの経歴 ~畑違いの転身と現在までの道のり~

自動車会社の設計業務からセラピストへ 

大学卒業後、大手自動車メーカーに設計者として入社しました。特にやりたかった仕事と言うわけではなく、当時の理系の就職先としてはいろいろな可能性があるということ、実家のある地元に開発本部がある、という理由で決めました。

それから7年後に結婚した後も勤続していましたが、自動車会社という完全な男性社会の中で女性が結婚して続けていくことに、徐々に苦痛と違和感を感じはじめ、たまたま目にしたセラピスト(一番初めはリフレクソロジスト)のための勉強の謳い文句「解剖生理と栄養が学べます」に魅かれ、すぐに資格取得の講座を受講。

その過程に母になる喜びも試練もあり。。。

受講を決めた1週間後に妊娠がわかり、産休、育休中に資格を取得。結局育休半ばにして、あと3か月待てば勤続10年というタイミングで退職を決意。

その後は子育てをしながら、セラピストとして、またセラピストを養成する立場として現在もなお活動中。(詳しくは、na・go・mi ~な・ご・み~)

セラピストとして、母として、妻として、嫁として

子供が生まれてから3年後、それまで細々と活動していたセラピスト、そしてそのインストラクターとしてのスクールの運営に、大きな変化が訪れます。
それは夫の実家がある名古屋に引っ越しをし、そこで二世帯同居とともに、サロンを作り、セラピスト、母、妻、嫁として新たな生活を始めたことでした。

この時の外から見える私、水野陽子の生活は、決して悪いものではなく、むしろとても充実しているように見えたと思います。義父母との関係も良好でしたし、子育ての環境も悪くは無かったと思います。仕事も順調でした。

しかし、子育てでの様々な挫折や、義父母の介護、父親の入退院など、この10数年間は家族に関わる部分が大半を占めていて、家族のことを言い訳にしている自分がいることもありました。また、仕事についてはとても充実している反面、何か自分の想いとは違うことがある、という気持ちが拭い去れないまま、2021年1月を迎えました。

自分が「本当の本当の自分」に戻ることの大切さ

2020年から始まったコロナ禍によって、本当に自分自身に必要なもの、不必要なものに向き合う機会が増えました。そんな中迎えた2021年1月から、私自身が様々な違和感を感じるようになりました。

その気持ちがどんどんと大きくなっていく中で、オンラインでのやり取りがさらに進む状況となったこともあり、新しい出会いや情報も多くなってきました。それにより、私の感じる違和感と向き合うことができる機会が増え、そこで初めて自分がとても多くの「我慢」をしていたことを認識するようになりました。

始めは「我慢」している意識もあまりなく、それが「当たり前」だったり、「やらなくてはいけないことだから」と思っていました。例えば家族のこと、そして仕事の事も同様です。

それに気づいてからは、実はそれが自分の想い込みであったり、その状態で居続ける必要のないこと、ということがだんだんとわかってきただけでなく、自分自身が変化することによって、目に見える環境がどんどん変わるということを体験していきました。

そしてもう一つ大きかったのは、自分自身が「心地よい」と思っていることが、実は「ぬるま湯の心地よさ」であり、それは本当の心地よさではなかったということです。そちらの方が、自分が認識できるまでに時間がかかりました。

そんなこともありながら、自分が本当は何のために今生きているのか、ひいては生まれてきたのか、ということころまで思いが至るようになったのです。

そこで初めて、自分が自分自身を取り戻す、その大切さに気付かされたのでした。

セラピストみずのようこについて

設計業務、セラピスト、スクール運営、子育て・介護という地に足がついた経験と風の時代の生き方の実践

今、刻々と情勢が変わる中で、いろいろなものがシフトしてく時期に来ています。その際に、地に足をつけていながら風に乗るセラピストでありたい。そんな立ち位置で、皆さまにわかりやすく伝え、セラピーを通して体と心の調和を進めていきます。

同じことができる仲間を増やしていきます

同じように、自分自身の体と心を調和させて、さらに多くの方に同様のセラピーができる仲間を増やしていきます。こうして、この地球上で体も心も最大に喜びを感じながら、今を生きて行きましょう。

略歴

1993年~2002年 自動車会社にて設計業務を担当
2002年     リフレクソロジスト資格取得
2004年     リフレクソロジーインストラクター、ボディトリートメントインストラクター取得  
        nagomi(スクール、サロン)開業
2005年     アロマセラピスト資格取得、インストラクター資格取得
2018年     心理カウンセラー資格取得
2021年     flowlight開設

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください。

~みずのようこの好きなこと~(おまけ)

趣味はバドミントン、好きなことは犬と遊ぶこと(我が家のトイプードル2匹)、富士山の写真を撮ること、好きな食べ物はカレー。

日々の雑感や好きなことなどを、感じたままにツイートしています。ご興味あればぜひ♪

どうぞよろしくお願いいたします

▲オンライン個人セッションのお申し込みはこちらから♪

タイトルとURLをコピーしました